オーナー様へ

無料相談承ります。まずはお電話下さい。(0270-20-1800)

空き家の管理が必要な理由

今、日本で増え続ける空き家。

その問題は過疎化が進む地方だけでなく、人口が多い都市部でも空き家は増加しています。

さらに、2015年の国勢調査の結果により、日本全体の人口が減少に転じたと判明した今、これが今後の空き家増加にさらなる拍車をかけるのではと懸念されています。

そんな空き家は適切に管理を行うことで、十分に活かすことが可能です。

管理方法は、窓を開けて家全体に風を通す、水を流して排水管や下水管の劣化を防ぐ、掃除をして室内を衛生的に保つ、庭の雑草を抜くなど、やるべきことが山積みです。

管理を行うのは手間がかかって大変ですが、空き家も人が住んでいる家と同じく、立派な資産の一つです。

せっかく大切な価値ある資産をだめにしてしまわないよう、適切な管理を行う必要があるのです。

適切な空き物件の管理を怠ることで起きるリスク

空き物件を放置するということは、ゴミの不法投棄・犯罪の温床・空き物件の倒壊・地域の景観や治安の悪化など、重大な問題が怒る恐れがあります。

また、行政から「特定空き家」に指定されると改善指導を受けますが、採算の指導を無視し続けると、やがて強制的に空き家を処分されてしまいます。

さらに、特定空き家は固定資産剤の優遇処置対象外となっているため、指定された場合は最大でこれまでの6倍の税金を収めなくてはなりません。

このように空き家を放置することは、デメリットしか生まれないのです。

「あのとき、空き物件を放置しなければ良かった。」と公開する前に、適切な管理をしっかり行いましょう。